便利なだけじゃない!ファッションでも活躍できるリュックの魅力

リュックは一度使うとやめられないもの

バッグはリュックを使っているという人も多いのではないでしょうか?両手が空くことや、荷物も軽く感じるなど、一度リュックの良さに慣れてしまうと、なかなか他のバッグに変えられないというのもあるかもしれませんね。たくさん荷物が入るというのは思ったよりも便利なことでしょう。急に荷物が増えてしまうというのは意外とよくあることです。自転車に乗るときでも、リュックを使えば荷物をかごに入れなくて済むのでより安全ですよね。

ファッションに取り入れるリュック

使い勝手の良いリュックですが、メリットは使いやすさだけでなく、ファッションアイテムとして活躍できることも挙げられるでしょう。学生が使うもの、というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、そんな人はぜひ一度ショップに行ってみてください。きっとリュックのイメージが変わるはずですよ。いろいろ見てみたけど、自分の好みの形が決まらないという場合なら、自分の好きなブランドから探してみるのが良いでしょう。

コーディネートのポイントに

もしかしたら、まだほとんどリュックを使ったことがないという人もいるかもしれません。そんな人におすすめしたいのが大きめのリュックなんです。荷物がたくさん入るというのは当たり前なのですが、メリットはそれだけではありません。リュックが大きいことで、実はコーディネートのバランスが取りやすくなるんです。ワンパターンになりがちなカジュアルファッションも、リュックをポイントに使えば、いつもとは違ったコーディネートが見つかるかもしれません。

リュックの人気の”NIKE SB”から 2015 年モデルが登場!!HOLIDAYシーズンモデルと題して、スノーボードを簡単に持ち運べるバックル付きストラップや、耐水素材でギアを濡らすことなく保護できる。

便利なだけじゃない!ファッションでも活躍できるリュックの魅力

機械式時計を購入!最初に気をつける手入れの事

機械式時計を購入したらゼンマイ巻きをする

特有のラグジュアリー感から広く愛好されている機械式時計。こうした風潮に従って機械式時計を購入する人も多くいますが、初めて購入した直後に「これはどうすべきなのか?」と手入れについて疑問に思うことが多くあります。例えば自動巻きの機械式時計を購入した際は、買った直後にゼンマイを巻いて良いものか悩んでしまいますが、どのような形式のものであれ、購入したらまずゼンマイを巻いておきましょう。そして、毎日常に何時くらいにゼンマイを巻くようにするのかを決めておくと良いでしょう。

機械式時計の箱とワインダーはとっておこう

「実際使うものなので不要だ」と、購入してすぐに箱を廃棄してしまう人もいます。しかし、機械式時計は日々の保管にも気を配らなければならないため、保管に都合が良い箱はしっかりととっておいて、就寝の際などにこの箱に入れておくように習慣付けておくと良いでしょう。また、自動巻きのゼンマイを巻いてくれるワインダーも同様に、しっかりと使用して動力を蓄えておくように促しておきましょう。昨今の自動巻きの機械式時計は性能が良いため、ついついワインダーの使用を忘れてしまいがちなので注意が必要です。

文字盤の裏のシールは剥がして良いの?

いろんな製品の保護フィルムを剥がさずに使い続ける人は、よく見かけます。機械式時計にも、新品の場合には文字盤の裏に透明の保護シールが貼ってあります。貼ったままの状態で使い続けるのは見た目や使用感にも良くありませんが、このシールと裏フタの間に汗などが浸入してしまうと、例えステンレスでできたものであっても錆び付いてしまうことがあります。実際錆び付くのには数年かかりますが、例え錆びが出ていなくても負担はかかり続けているので、決して時計に良い影響を及ぼしません。

ブシュロンは、ダイヤモンドへのこだわりが強く、宝石鑑定士により入念に選別されています。取扱商品は、ジュエリーを中心に時計や香水があります。

機械式時計を購入!最初に気をつける手入れの事