結婚指輪といえばエンゲージリングに限る。

多くの男性が贈るエンゲージリング

プロポーズの言葉とともに指輪が贈られるシーンは、女性のとって永遠の憧れですよね。そのためなのか、結納品や結納金などのしきたりを守っていないカップルが多くなった現在でさえ、結婚記念品としてエンゲージリングを贈る習慣は多くのカップルから支持されているのですよ。購入する時は、無理のない予算と二人の希望を照らしながら検討することが必要なんですよ。男性の人は、女性が気に入るエンゲージリングを贈ることが大切なんですね。

エンゲージリングのデザインは様々なものがあります。

エンゲージリングは個人の好みによって様々なものが選べるんですよ。ソリテールは、立て爪で一粒のダイヤを留めた定番リング、ダイヤの輝きと存在感が際立つんですよ。爪なしのソリテールもあるんです、爪なしなら洋服などにひっかかりにくいので、普段使いやすいんですよ。エタニティは、指輪の全周に小粒のメレダイヤをぐるりと並べたリングで、永遠に続く愛を象徴したデザインなんですね。セットは、エンゲージリングとマリッジリングが重なったデザインなんですよ。

エンゲージリングの入手方法とは。

既製品とは、店頭に並んでいるものから選びます、サイズ直しをする時には、1週間から2週間は必要なんですよ。セミオーダーとは、ダイヤ等の石を選び、アームの材質やデザインを用意されたなかから選ぶ方法なんですよ。製作日数は既製品より長く、1か月程度はかかるんですね。フルオーダーとは、プロがデザイン画から起こして作る、世界でたったひとつしかないオリジナルリングなんですね。製作日数はもっと長く2か月程度はかかりますよ。

今までは結婚指輪は買うものだという固定観念がありましたが、最近は二人の結婚指輪を自分たちで作るというカップルも少なくありません。結婚指輪のオリジナルを作れば一生の思い出になります。

結婚指輪といえばエンゲージリングに限る。